ウユニ塩湖の環境と初音ミクなどの電子音楽の今後が気にかかる

ウユニ塩湖は、南米ボリビアにある世界最大級の塩湖です。
その幻想的な光景は、日本のアニメやマンガのモチーフにもなり、
国内でもたいへん知られている存在です。
たとえば初音ミクが塩湖を歩いている姿などは、ファンアートでもよく見かけるものです。
こうした独特の光景は、サブカルチャーの原風景であり、
数々の電子音楽を生み出すきっかけともなりました。
それだけに、美しい環境を保全するということは、近代文化における今後も左右します。
幸い、日本人は公共心が極めて高く、自然保護にも熱心です。
初音ミクを中心としたサブカルチャーと、環境保護を高次に融合させることができれば、
自然は豊かに守られていきます。
これからのウユニ塩湖を守るのは、ユニークな取り組みにかかっているのです。

住宅ローンが払えないので相談するより初音ミクの今後が気になる

住宅ローンが払えないので相談しようとしたら、まず考えるのは今後の初音ミクのことです。
初音ミクと住宅ローンについては、一見無関係に思えるかもしれません。
しかし、電子音楽と住宅ローンの間には、意外な関係があったりします。
たとえば、現在は電子音楽によって、パソコンとソフトがあれば、
誰でも作曲ができるようになりました。
しかし、家庭で作曲をするためには、住宅の防音施設が大切です。
ヘッドホンを使えば防音施設の整っていない住宅でも、電子音楽の作曲はできます。
ですが、今後のことを考えると、防音施設の整った住宅の方が、
良い音楽を作りやすくなるでしょう。
初音ミクに素晴らしい楽曲を今後も歌ってもらうためには、
住宅ローンで立派な家を用意するる必要があります。