ウユニ塩湖の環境と初音ミクなどの電子音楽の今後が気にかかる

ウユニ塩湖は、南米ボリビアにある世界最大級の塩湖です。
その幻想的な光景は、日本のアニメやマンガのモチーフにもなり、
国内でもたいへん知られている存在です。
たとえば初音ミクが塩湖を歩いている姿などは、ファンアートでもよく見かけるものです。
こうした独特の光景は、サブカルチャーの原風景であり、
数々の電子音楽を生み出すきっかけともなりました。
それだけに、美しい環境を保全するということは、近代文化における今後も左右します。
幸い、日本人は公共心が極めて高く、自然保護にも熱心です。
初音ミクを中心としたサブカルチャーと、環境保護を高次に融合させることができれば、
自然は豊かに守られていきます。
これからのウユニ塩湖を守るのは、ユニークな取り組みにかかっているのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です