電磁波防止と初音ミクの可能性のジレンマについて

初音ミクというのは人間ではありませんから実際に現実世界で
活動をさせる可能性が出てくるとすれば、ロボットということになります。
そこで問題となるのが電磁波防止であり、
機械の製品が数多く蔓延している現在では電磁波が問題になることも少なくないわけで、
初音ミクが活躍しようとしたときには電磁波が問題視されるという可能性もあるということです。
電磁波が一切でないロボットを作り上げることができれば良いのでしょうが、
それができなければ電磁波防止のために魅力的なキャラクターの活動を
阻害される可能性があり、健康を取るのかあるいは仮想現実の実現を取るのかで
問題となってしまいそうです。
あちらが立てばこちらが立たずで、ジレンマがありますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です